加害者が負う3つの責任

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 です。

加害者は3つの責任を負うことになります。

ザックリと解説すると・・・

事故を起こしたドライバーが負う責任として、以下の3つの責任があります。
  • 民事上の責任
  • 刑事上の責任
  • 行政上の責任

1. 民事上の責任


目的:被害者の損害を埋め合わせ、事故が発生する前の状態に戻す

たまに耳にすると思うのですが、「民法」や「自動車損害賠償保障法」にもとづく責任がこれにあたります。事故が発生した原因があなたにある場合、相手方に対して損害(代表的なものだと、治療費や慰謝料、車の修理費など)を賠償する責任を負うことになります。
ちなみに保険会社が負担してくれるのはこの部分にあたります。

2. 刑事上の責任


目的:犯罪の抑止

これも耳にしたことがあると思います。「刑法」にもとづくもので、刑罰として禁固・懲役・罰金等が科せられます。
過失によって事故を起こし、相手方を死傷させた場合、自動車運転過失致死傷罪、危険運転致死傷罪などの適当が考えられます。

3. 行政上の責任


目的:違反者をしめ出して、交通安全を確保する

行政上の責任とは、「行政処分」ともいいます。代表的なものだと、免許の取り消し・停止などがあります。

まとめ


これら3つの責任は、それぞれ目的がちがいますので、刑事上の責任が無いとされても、民事上の責任がなくなるとは限りませんし、行政処分がなかったからといって民事上の責任が問われないというものでもありません。


以上、「加害者が負う3つの責任」でした。