異議申立てと時効

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 です。

この記事は以下のキーワードが気になる方のお役にたちます。
  • 後遺障害
  • 時効
  • 消滅時効
  • 異議申立て
  • 中断
  • 時効中断申請書
  • 起算点
  • 2年
  • 3年
  • 自賠責
後遺障害 異議申立て 時効
後遺障害等級認定に納得がいかない場合に行う異議申立てには時効があるのかについてわかりやすく説明していきます。

後遺障害等級認定における異議申立てとは、後遺障害の等級認定申請をした結果に不満がある場合に意義を申立てる制度です。ここでいう結果への不満とは「しっかり治療を続けてきた結果痛みがのこってるのに非該当とされた」「認定された等級が低くて納得いかない」などです。異議申立ては何度でも行うことができますが期限(時効)があります。

異議申立ての時効って?

上で書いたように後遺障害の異議申立てに回数の制限はありませんが、時効があります。正確には「消滅時効」といい、合理的な期間内に異議申立てという権利を行使しないならいつまでもその権利を認めるのではなく、消滅させることをいいます。

異議申立ての権利が消滅するまでの期間は?

消滅時効は3年となっています。ただし、この3年という期間は2010年(平成22年)4月1日以降に発生した事故に適用され、2010年(平成22年)3月31日以前に発生した事故の場合の時効期間は2年となっています。

消滅時効はいつからスタートするの?

消滅時効のスタート地点を「起算点(きさんてん)」といい、原則、症状固定日[1]の翌日が起算点になります。

[1] 「症状固定日」とは
症状固定日とは、治療を続けても症状が良くも悪くもならない状態のことをいい、医師との話あいで決まります。

スタートした消滅時効は止められないの?

時効の進行は中断することができます。ここでいう「中断」とは「一旦止める」のではなく、時効の進行をゼロに戻すことをいいます。

消滅時効を中断する方法は?

加害者が加入している自賠責保険会社から「時効中断申請書」を取り寄せ、必要な事項を記入・提出します。自賠責保険会社の承認印が押された日付から中断されます。中断といっても消滅時効の進行が完全にストップするわけではなく、一旦ゼロになって新たに3年間(3年延長)[2]ということになります。

[2] 時効の期間
2010年(平成22年)3月31日以前に発生した事故の場合の時効期間は2年

時効が過ぎたらどうなるの?

異議申立ての権利が消滅してしまいます。

まとめ

  • 後遺障害の異議申立てには時効がある
  • 消滅時効の期間は3年(2010年3月31日以前に発生した事故の場合の時効期間は2年)
  • 消滅時効のスタート地点(起算点)は、症状固定日の翌日から
  • 消滅時効の進行は中断することができる
  • 消滅時効が完成すると異議申立ての権利が消滅

時効が気になりだしたら
スマートサポートは時効中断申請手続きを代行します。書類作成の専門家である行政書士があなたに代わって自賠責保険会社への時効中断申請を行うことで消滅時効の進行を中断します。中断により今後の手続きに必要な書類の収集・作成などをあせることなくしっかりと進めることができます。時間が割けない、手続きに不安のある方は行政書士に依頼して新たに3年間と安心を手に入れてください。