後遺障害等級表

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分 です。

この記事は以下のキーワードが気になる方のお役にたちます。
  • 後遺障害等級表
  • 別表第1
  • 別表第2
  • 介護を要する後遺障害
  • 後遺障害慰謝料
  • のっていない障害
  • 障害が2つ以上
  • 併合
後遺障害等級表
このページでは後遺障害等級表(等級、後遺障害、保険金額)についてわかりやすく説明しています。

交通事故によってケガをして、後遺症が残った場合、その後遺症を自賠責保険に後遺障害として認定してもらう際に、後遺障害の程度が最も重い1級から最も軽い14級の14段階で格付けをおこない、等級によって定められた保険金が支払われることになります。

この等級や保険金については自動車損害賠償保障法施行令第2条に関して定められている別表第1、別表第2とよばれる表で定められています。

これまでの説明ではイメージがわきにくいと思うので、いくつか具体例をあげますね。どれも程度によって格付けされることになります。高次脳機能障害の場合は常時介護を要する1級を最重度として、2、3、5、7、9、12、14級が該当。眼の視力障害の場合は両眼を失明したもの最重度として、2、3、4、5、6、7、8、9、10、13級が該当。ムチウチ損傷だと12、14級が該当します。

介護を要する後遺障害の場合の等級及び限度額

等級 / 介護を要する後遺障害 保険金額
第1級
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4,000万円
第2級
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3,000万円
※各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。

後遺障害の等級及び限度額

等級 / 後遺障害 保険金額の上限
(後遺障害慰謝料)
第1級
  • が失明したもの
  • 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
  • 上肢をひじ関節以上で失つたもの
  • 上肢の用を全廃したもの
  • 下肢をひざ関節以上で失つたもの
  • 下肢の用を全廃したもの
3,000万円
(1,100万円)
第2級
  • が失明し、他眼の視力が0.02以下になつたもの
  • の視力が0.02以下になつたもの
  • 上肢を手関節以上で失つたもの
  • 下肢を足関節以上で失つたもの
2,590万円
(958万円)
第3級
  • が失明し、他眼の視力が0.06以下になつたもの
  • 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • の手指の全部を失つたもの
2,219万円
(829万円)
第4級
  • の視力が0.06以下になつたもの
  • 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
  • の聴力を全く失つたもの
  • 上肢をひじ関節以上で失つたもの
  • 下肢をひざ関節以上で失つたもの
  • の手指の全部の用を廃したもの
  • をリスフラン関節以上で失つたもの
1,889万円
(712万円)
第5級
  • が失明し、他眼の視力が0.1以下になつたもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 上肢を手関節以上で失つたもの
  • 下肢を足関節以上で失つたもの
  • 上肢の用を全廃したもの
  • 下肢の用を全廃したもの
  • の足指の全部を失つたもの
1,574万円
(599万円)
第6級
  • の視力が0.1以下になつたもの
  • 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
  • の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
  • の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
  • 上肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
  • 下肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
  • の五の手指又はおや指を含み四の手指を失つたもの
1,296万円
(498万円)
第7級
  • が失明し、他眼の視力が0.6以下になつたもの
  • の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • の聴力を全く失い、他耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • のおや指を含み三の手指を失つたもの又はおや指以外の四の手指を失つたもの
  • の五の手指又はおや指を含み四の手指の用を廃したもの
  • をリスフラン関節以上で失つたもの
  • 上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に著しい醜状を残すもの
  • 両側の睾丸を失つたもの
1,051万円
(409万円)
第8級
  • が失明し、又は一眼の視力が0.02以下になつたもの
  • 脊柱に運動障害を残すもの
  • のおや指を含み二の手指を失つたもの又はおや指以外の三の手指を失つたもの
  • のおや指を含み三の手指の用を廃したもの又はおや指以外の四の手指の用を廃したもの
  • 下肢を5センチメートル以上短縮したもの
  • 上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
  • 下肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
  • 上肢に偽関節を残すもの
  • 下肢に偽関節を残すもの
  • の足指の全部を失つたもの
819万円
(324万円)
第9級
  • の視力が0.6以下になつたもの
  • の視力が0.06以下になつたもの
  • に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  • 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  • の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
  • の聴力を全く失つたもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • のおや指又はおや指以外の二の手指を失つたもの
  • のおや指を含み二の手指の用を廃したもの又はおや指以外の三の手指の用を廃したもの
  • の第一の足指を含み二以上の足指を失つたもの
  • の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  • 生殖器に著しい障害を残すもの
616万円
(245万円)
第10級
  • の視力が0.1以下になつたもの
  • 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  • 十四以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
  • の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
  • のおや指又はおや指以外の二の手指の用を廃したもの
  • 下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  • の第一の足指又は他の四の足指を失つたもの
  • 上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 下肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円
(187万円)
第11級
  • の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたもの
  • の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • 脊柱に変形を残すもの
  • のひとさし指、なか指又はくすり指を失つたもの
  • の第一の足指を含み二以上の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
331万円
(135万円)
第12級
  • の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • の耳殻の大部分を欠損したもの
  • 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
  • 上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
  • 下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
  • 長管骨に変形を残すもの
  • のこ指を失つたもの
  • のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
  • の第二の足指を失つたもの、第二の足指を含み二の足指を失つたもの又は第三の足指以下の三の足指を失つたもの
  • の第一の足指又は他の四の足指の用を廃したもの
  • 局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 外貌に醜状を残すもの
224万円
(93万円)
第13級
  • の視力が0.6以下になつたもの
  • 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  • に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • のこ指の用を廃したもの
  • のおや指の指骨の一部を失つたもの
  • 下肢を1センチメートル以上短縮したもの
  • の第三の足指以下の一又は二の足指を失つたもの
  • の第二の足指の用を廃したもの、第二の足指を含み二の足指の用を廃したもの又は第三の足指以下の三の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万円
(57万円)
第14級
  • のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたもの
  • 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの
  • のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなつたもの
  • の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの
  • 局部に神経症状を残すもの
75万円
(32万円)
備考:
  • 視力の測定は、万国式試視力表による。屈折異状のあるものについては、矯正視力について測定する。
  • 手指を失つたものとは、おや指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失つたものをいう。
  • 手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは近位指節間関節(おや指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
  • 足指を失つたものとは、その全部を失つたものをいう。
  • 指の用を廃したものとは、第一の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失つたもの又は中足指節関節若しくは近位指節間関節(第一の足指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
  • 各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。

後遺障害等級表にのっていない障害はどうなるの?

後遺障害等級表にのっていない障害は認定されないのかという疑問がわいてきますよね。これについては、後遺障害等級表の備考欄に以下のように記載されています。

「各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。」

具体例 -鼻の障害-

においを感じなくなったものは12級相当
においを感じにくくなったものは14級相当

具体例 -口の障害-

味を感じなくなったものは12級相当
味を感じにくくなったものは14級相当

※正確性を欠きますが、イメージしやすいよう一般的になじみのある表現にしています。

障害が2つ以上ある場合はどうなるの?

一回の事故で2つ以上の障害が残ってしまうこともめずらしくありません。後遺障害等級表は目や耳、腕や脚といった体のパーツと障害の程度で等級が認定されることになります。

まず、2つ以上の後遺障害がある場合、各後遺障害の等級をあわせます。これを「併合」といいます。この併合には基本となるルールがあります。と、その前に確認です。後遺障害の等級は1~14級まであり数字が小さい方が障害の程度が重いということになります。よって以下の「重い方の症状」とは「数字が小さい等級」ということになります。

「併合」の基本ルール

  • 1~5級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合は、重い方の等級を3つ繰り上げます。
  • 6~8級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合は、重い方の等級を2つ繰り上げます。
  • 9~13級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合は、重い方の等級を1つ繰り上げます。
  • 14級の後遺障害がいくつあっても繰り上がらず14級となります。

以上の併合の基本ルールを表にすると以下のようになります。

最上位の等級





1~56~89~1314
1~5重い方の等級
+3
6~8重い方の等級
+2
重い方の等級
+2
9~13重い方の等級
+1
重い方の等級
+1
重い方の等級
+1
14重い方の等級重い方の等級重い方の等級14級


以上、「後遺障害等級表」でした。