後遺障害の主な種類

後遺障害の種類イメージ

  • 自賠責保険では、交通事故によってケガをして、身体的・精神的に障害が残ってしまった場合、その障害が後遺障害として認定される可能性があります。
  • 後遺障害として認定されるとその程度(等級)によって支払われる保険金の限度額が決定されます。詳しくはこちら >>
  • 後遺障害を大きくわけると以下のようになります。参考にしてください。
  • 関連記事あり このマークが付いているものは関連記事があります。クリックで記事に移動します。
    *随時追加していきます。

後遺障害の主な種類


むちうち上肢・下肢のしびれ高次脳機能障害うつ病・PTSD脊髄損傷CRPS遷延性意識障害
体幹上肢下肢頭部・顔面・頸部


  • むちうち関連記事あり
  • 上肢・下肢のしびれ
  • 高次脳機能障害関連記事あり
  • うつ病・PTSD関連記事あり
  • 脊髄損傷関連記事あり
  • CRPS
  • 遷延性意識障害
  • 体幹
    • 背骨
      • 運動障害┃変形障害
  • 上肢(肩から指先まで)
    • 上肢
      • 欠損障害┃機能障害┃変形障害┃醜状障害
    • 手の指
      • 欠損障害┃機能障害
  • 下肢(股関節から足先まで)
    • 下肢
      • 欠損障害┃機能障害┃変形障害┃短縮障害┃醜状障害
    • 足の指
      • 欠損障害┃機能障害
  • 関連記事あり
    • 眼球
      • 視力障害┃調節機能障害┃運動障害┃視野障害
      • まぶた
        • 欠損障害┃運動障害
  • 関連記事あり
    • 内耳等
      • 聴力障害
    • 耳介(耳の穴より外側。いわゆる耳。)
      • 欠損障害
  • 関連記事あり
    • 欠損障害┃機能障害
  • 関連記事あり
    • そしゃく障害┃言語機能障害┃歯の障害
  • 頭部・顔面・頸部(くび)
    • 醜状障害(傷あと)
トップページへ戻る