人身傷害補償保険(任意保険)とは

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 です。

ザックリと解説すると・・・

人身傷害補償保険とは、加害者にも過失があるときに、相手から補償されない過失部分について加害者自身が加入する保険会社から支払ってもらうものをいいます。

具体例をあげて説明してみますね。

事故が発生、加害者には8割の過失があり、損害の合計額(治療費、休業損害、慰謝料など)が500万円だったとします。この加害者は8割の過失があるので、相手からは2割分の100万円しか支払ってもらえません。そうすると損害額500万円のうち400万円は自己負担ということになってしまいます。

そこで、人身傷害補償保険に加入していると、この自己負担になるはずだった400万円を自身が加入する保険会社から支払われるということになります。これで相手から支払われる100万円とあわせて全損害額の500万円が補償されることになります。

この人身傷害補償保険は、過失割合にかかわらず補償されるので、自分の不注意による過失100%の事故の場合でも補償されます。

以上、「 人身傷害補償保険について」 でした。