示談のタイミング

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 です。

ザックリと解説すると・・・

交通事故の被害者としては少しでも早く賠償金を支払ってもらいたいものですよね。だから、ケガが実際には完治していないのに、完治の見通しを立てていそいで示談をしてしまうことがあります。

見通しを立てた期間内に完治すればなにも問題はありませんが、もしも思ってたより時間がかかってしまった場合はどうなるのでしょうか。

そのときはそのときで再度加害者に請求して支払ってもらえばいいと考える方がいるかもしれませんが、示談というのは最終解決ですから再度、追加で請求することはかなり難しいです。

なので、完治していないのに見通しだけで示談するのではなく、完治してからおこなうようにしましょう。

以上、「 示談のタイミング」 でした。