自賠責保険とは

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 です。


このページでは自賠責保険についてと、その特徴についてわかりやすく説明しています。

ザックリ
自賠責保険は、法律で加入が義務付けられている強制保険です。対象は自動車やバイクです。交通事故が起こった場合の被害者の救済を目的としている保険で、この自賠責保険から最低限の補償を受けることができます。

シッカリ

なぜ義務づけられているのか

交通事故の発生による被害者救済のためです。
交通事故にあってしまい、加害者が保険に加入していなかった場合、直接加害者に損害を賠償してもらうことになりますが、この加害者が損害を賠償する力がないと被害者は泣き寝入りすることになってしまいます。そういう被害者をださず、救済するという目的のために義務づけられています。

自賠責保険の特徴

1加入を義務づけられている
自動車・バイク・原付は、法律に基づき、自賠責保険との契約をむすぶ義務が課されています。この保険に加入していなければ運転することはできません。よって、無保険運転は違法です。

2対象は人身事故
自動車事故で他人をケガ・死亡させた場合などの人身事故による損害について支払われる保険です。物損事故は対象になりません。

3被害者が複数いた場合の限度額
被害者1名につき、支払われる限度額が決められています。ですので、1件の事故で複数の被害者がいたとしても、1名につき限度額まで支払われます。被害者が複数いるからといって個々の支払限度額が減らされるということはありません。


4被害者から保険会社へ直接請求
被害者は、保険会社に対して保険金額の限度内で損害賠償額の支払いするよう請求する「被害者請求」という制度があります。


5仮渡金という制度
被害者のケガの治療が長引いていたり、加害者側と損害賠償責任に関して争いがある場合などで、損害額が確定するまで保険金が入ってこないと、当面の治療費に困ることがあります。そのような時に、損害額が確定しない段階でも、当面の出費として賠償額の一部を仮渡金として保険会社に請求できる制度です。


6過失相殺の制限
自賠責保険は、被害者保護の観点から、過失相殺が制限されています。被害者に過失がある場合でも、被害者の過失割合が7割以上認められるような場合に限り、「重大な過失による減額」として減額が行われます。



以上、「自賠責保険とは」でした。