等級別 後遺障害慰謝料と労働能力喪失率

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 です。

表の見方を簡単に説明したいと思います。

  • 等級
    後遺障害(後遺症)の重さにより1級から14級に分けられています。

  • 自賠責保険基準
    自動車損害賠償補償法という法律に規定されています。具体的には○級なら○○万円といった感じです。

  • 裁判基準
    弁護士が保険会社と交渉するときに使用する基準で、過去の裁判などで支払われた額を参考にしたものです。上の「自賠責保険基準」と「裁判基準」の他に「任意保険基準」というものがございますが、各保険会社で決められており公表されていませんので下の表には掲載していません。

  • 労働能力喪失率
    認定された後遺障害の等級によって、どの程度労働能力が失われたかを割合化したものをいいます。

等級
後遺障害慰謝料
(自賠責保険基準)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
1級1100万円2600~3000万円100%
2級958万円2200~2600万円100%
3級829万円1800~2200万円100%
4級712万円1500~1800万円92%
5級599万円1300~1500万円79%
等級後遺障害慰謝料
(自賠責保険基準)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
6級498万円1100~1300万円67%
7級409万円900~1100万円56%
8級324万円750~870万円45%
9級245万円600~700万円35%
10級187万円480~570万円27%
等級後遺障害慰謝料
(自賠責保険基準)
後遺障害慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
11級135万円360~430万円20%
12級93万円250~300万円14%
13級57万円160~190万円9%
14級32万円90~120万円5%