被害者請求と一括払い

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 です。

このページでは被害者請求と一括払いについて、どちらがよいかなどについてわかりやすく説明しています。

自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。人が死亡したりケガすることによって発生する損害(人身損害)については、自賠責保険の限度額をオーバーした部分について任意保険から支払われるのが原則です。


ですので、請求者(被保険者または被害者)は、まず自賠責保険に請求し{被害者自らがする場合は「被害者請求」と呼んでいます}、足りない部分を任意保険に請求することになるはずなのですが、それでは二度手間になってしまいます。


一括払いとは

この二度手間を起こさないために任意保険会社による、いわゆる「一括払い」という手続きが設けられています。これは本来、自賠責保険が支払う分を任意保険会社が一括して建替え払いし、その後に任意保険会社から自賠責保険に請求するというものです。


どちらがよいのか

任意保険会社の一括払額は自賠責保険の支払限度内では自賠責保険の支払基準による積算額を下回らないことが定められていますので、そういう意味ではどちらが得というわけではありません。


被害者請求を先行させたほうがよい場合

被害者請求をした方がとりあえずまとまったお金が手に入るわけですから、被害者が生活資金等に困っているような場合は、被害者請求を先行するのがよいでしょう。


今お金に困ってなかったとしても重い後遺障害を負ってしまった場合には今後予想されるたくさんの介護費用、示談成立の見通しがたたない場合には訴訟になったときの弁護士費用、裁判が長期化しそうな場合にはそれなりの裁判費用これらが必要になります。こういう状況では被害者請求を先行させることが多いと思います。


以上、「被害者請求と一括払い」でした。