眼の後遺障害について

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 です。

眼の後遺障害
ザックリ
眼の後遺障害については、後遺障害等級の表上で以下のものについて等級が定められています。

眼球の障害
  • 視力障害
  • 調節機能障害
  • 運動障害
  • 視野障害
まぶたの障害
  • 欠損障害
  • 運動障害


シッカリ


眼の後遺障害の程度、それに当てはまる等級、慰謝料を表にしました。

意外に思われるかもしれませんが、普通に申請しても適正な後遺障害等級を獲得できない場合があります。納得のいく後遺障害等級を認定してもらうには立証方法などコツが必要になってきますので不安な場合は当事務所にご相談ください。

>> 無料相談をご利用ください。


視力障害


障害の程度
等級
慰謝料
(自賠責)
慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
両眼が失明したもの
  • 「失明」とは、眼球を摘出したもの、明暗がわかるもの、かろうじてわかる程度のものいいます。
1級‐11,100万円2,700~
3,100万円
100%
1 眼が失明し、他眼の視力が 0.02 以下になったもの
  • 「失明」とは、眼球を摘出したもの、明暗がわかるもの、かろうじてわかる程度のものいいます。
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
2級‐1958万円2,300~
2,700万円
100%
両眼の視力が 0.02 以下になったもの
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
2級‐2958万円2,300~
2,700万円
100%
1 眼が失明し、他眼の視力が 0.06 以下になったもの
  • 「失明」とは、眼球を摘出したもの、明暗がわかるもの、かろうじてわかる程度のものいいます。
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
3級‐1829万円1,800~
2,200万円
100%
障害の程度
等級
慰謝料
(自賠責)
慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
両眼の視力が0.06 以下になったもの
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
4級‐1712万円1,500~
1,800万円
92%
1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
  • 「失明」とは、眼球を摘出したもの、明暗がわかるもの、かろうじてわかる程度のものいいます。
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
5級‐1599万円1,300~
1,500万円
79%
両眼の視力が0.1 以下になったもの
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
6級‐1498万円1,100~
1,300万円
67%
1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
  • 「失明」とは、眼球を摘出したもの、明暗がわかるもの、かろうじてわかる程度のものいいます。
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
7級‐1409万円900~
1,100万円
56%
障害の程度
等級
慰謝料
(自賠責)
慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
1眼が失明し、または1眼の視力が0.02以下になったもの
  • 「失明」とは、眼球を摘出したもの、明暗がわかるもの、かろうじてわかる程度のものいいます。
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
8級‐1324万円750~
870万円
45%
両眼の視力が0.6以下になったもの
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
9級‐1245万円600~
700万円
35%
1眼の視力が0.06以下になったもの
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
9級‐2245万円600~
700万円
35%
1眼の視力が0.1以下になったもの
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
10級‐1187万円480~
570万円
27%
1眼の視力が0.6以下になったもの
  • 「視力」とはめがねやコンタクトレンズによる矯正視力のことをいいます。
13級‐157万円160~
190万円
9%




調節機能障害


障害の程度
等級
慰謝料
(自賠責)
慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
  • 「著しい調節機能障害」とは、ものを見るとき、遠くを見るときには水晶体を薄く、近くを見るときは水晶体を膨らませてピントをあわせます。カメラのレンズをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。この調節力が通常の2分の1以下になったものをいいます。
11級‐1135万円360~
430万円
20%
1 眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
  • 「著しい調節機能障害」とは、ものを見るとき、遠くを見るときには水晶体を薄く、近くを見るときは水晶体を膨らませてピントをあわせます。カメラのレンズをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。この調節力が通常の2分の1以下になったものをいいます。
12級‐193万円250~
300万円
14%





運動障害


障害の程度
等級
慰謝料
(自賠責)
慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
正面視で複視の症状を残すもの
  • 「複視の症状を残すもの」とは、次のいずれにも該当するものをいいます。
    • 本人が複視(ものが二重に見えること)のあることを自覚していること
    • 眼の筋肉の麻痺等、複視を残す明らかな原因が認められること
    • ヘススクリーンテストにより患側(麻痺や障害などのある部位側)の像が水平方向または垂直方向の目盛りで5度以上離れた位置にあることが確認されること
10級‐2187万円480~
570万円
27%
両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
  • 「眼球に著しい運動障害を残すもの」とは、頭部を固定し、眼球を運動させて直視することのできる範囲(これを「注視野」といいます)が2分の1になったものをいいます。
11級‐1135万円360~
430万円
20%
1 眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
  • 「眼球に著しい運動障害を残すもの」とは、頭部を固定し、眼球を運動させて直視することのできる範囲(これを「注視野」といいます)が2分の1になったものをいいます。
12級‐193万円250~
300万円
14%
正面視以外で複視の症状を残すもの
13級‐157万円160~
190万円
9%




視野障害


障害の程度
等級
慰謝料
(自賠責)
慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
両眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの
  • 「半盲症」とは、視野の右半分あるいは左半分が欠けて(欠損)見えなくなる症状です。
  • 「視野狭窄」とは、視野が縁のほうから、あるいは不規則に欠けて狭くなる状態をいいます。
  • 「視野変状」とは、視野欠損と暗点(見えない・見えにくい部分がある)があるものをいいます。
9級‐3245万円600~
700万円
35%
1眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの
  • 「半盲症」とは、視野の右半分あるいは左半分が欠けて(欠損)見えなくなる症状です。
  • 「視野狭窄」とは、視野が縁のほうから、あるいは不規則に欠けて狭くなる状態をいいます。
  • 「視野変状」とは、視野欠損と暗点(見えない・見えにくい部分がある)があるものをいいます。
13級‐357万円160~
190万円
9%




欠損障害(まぶた)


障害の程度
等級
慰謝料
(自賠責)
慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
両眼の瞼に著しい欠損を残すもの
  • 「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、普通にまぶたを閉じたときに角膜を完全に覆うことができない程度のものをいいます。
9級‐4245万円600~
700万円
35%
1 眼の瞼に著しい欠損を残すもの
  • 「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、普通にまぶたを閉じたときに角膜を完全に覆うことができない程度のものをいいます。
11級‐3135万円360~
430万円
20%
両眼のまぶたの一部に欠損を残しまたはまつ毛はげを残すもの
  • 「まぶたの一部に欠損を残し」とは、普通にまぶたを閉じたときに角膜(黒目の部分)を完全に覆うことができるが、白目が露出している程度のものをいいます。
  • 「つ毛はげを残すもの」とは、まつ毛縁(眼の周りのまつ毛がはえてる場所)の2分の1以上にわたってまつ毛のはげを残すものを言います。
13級‐357万円160~
190万円
9%
1 眼のまぶたの一部に欠損を残しまたはまつ毛はげを残すもの
  • 「まぶたの一部に欠損を残し」とは、普通にまぶたを閉じたときに角膜(黒目の部分)を完全に覆うことができるが、白目が露出している程度のものをいいます。
  • 「つ毛はげを残すもの」とは、まつ毛縁(眼の周りのまつ毛がはえてる場所)の2分の1以上にわたってまつ毛のはげを残すものを言います。
14級‐132万円90~
120万円
5%




運動障害(まぶた)


障害の程度
等級
慰謝料
(自賠責)
慰謝料
(裁判基準)
労働能力
喪失率
両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、普通にまぶたを開いたときに瞳孔領を完全に覆うもの、またはまぶたを閉じたときに角膜(黒目の部分)完全に覆うことができないものをいいます。
11級‐2135万円360~
430万円
20%
1 眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、普通にまぶたを開いたときに瞳孔領を完全に覆うもの、またはまぶたを閉じたときに角膜(黒目の部分)完全に覆うことができないものをいいます。
12級‐293万円250~
300万円
14%






以上、「眼の後遺障害について」でした。