行政書士にできること

このページでは、後遺障害等級認定の重要性、行政書士がどのようにサポートしていくのかをご説明します。

まずは、後遺障害等級認定の重要性について

tigai1

tigai2

交通事故でケガをなさり、治療の末に痛みやしびれなどの症状が残ってしまった場合は後遺障害の等級認定が必要となります。なぜその必要があるかともうしますと、後遺障害等級が認定されるとされないとでは、上の画像のように損害賠償の請求項目に違いがあらわれ、認定された等級によっても慰謝料等がかわってくるからです。

このように賠償額全体に大きな影響を与えるものなので、残った症状にあった適正な後遺障害等級が認定されることが重要です。



行政書士にできること


被害者とお医者さんとの調整役


お医者さんや弁護士がなにをしてくれるのかはなんとなくわかると思いますが、行政書士がなにをするのかイメージがわかないですよね。少しでもイメージできるように、ものすごくシンプルに言うと行政書士は「被害者とお医者さんとの調整役」という役割を担っています。適正な後遺障害等級認定を獲得するためには、こんな後遺症があるんだ、ということを損害保険料率算出機構というところに対して 証明する必要があります。しかし、誰が証明してくれるのでしょうか。


お医者さんは治療の専門家


パッと頭に浮ぶのはお医者さんではないでしょうか。お医者さんが検査を通して証明してくれるんじゃないの?って思いますよね。しかし、お医者さんがおこなう様々な検査は治療のために必要だからするのであって、後遺障害として等級認定を受けるためのものではないのです。それなら、お医者さんに後遺障害等級認定のための検査をしてくださいとお願いすればいいように思いますよね。しかし、お医者さんは治療の専門家ですので、後遺障害等級認定手続きのことについて詳しいということはほとんどないので、お願いしても後遺障害等級認定のためにはどの検査が必要なのかわかりません。


行政書士は事実証明の専門家


そこで、私達のような後遺障害等級認定手続きに特化した行政書士の出番となります。私達は被害者の方から話を聞き、後遺障害として認定される可能性をさぐり、可能性があるなら何級に該当するのか、その等級を認定してもらうにはどのような検査が必要になるのかなどを提案します。そして、後遺障害として等級認定されるようお医者さんのところへ同行して、後遺障害等級認定のことを説明し、後遺症があるということを事実として証明するのに必要な検査を依頼するなど被害者とお医者さんの調整役としてお役に立ちます。