私達にできること

まずは、後遺障害等級認定の重要性について

tigai1

tigai2

交通事故でケガをなさり、治療の末に痛みやしびれなどの症状が残ってしまった場合は後遺障害の等級認定が必要となります。なぜその必要があるかともうしますと、後遺障害等級が認定されるとされないとでは、上の画像のように損害賠償の請求項目に違いがあらわれ、認定された等級によっても慰謝料等がかわってくるからです。

このように賠償額全体に大きな影響を与えるものなので、残った症状にあった適正な後遺障害等級が認定されることが重要です。


後遺障害診断書が重要

後遺障害等級認定は原則として書類審査で行われますので、医師が作成する後遺障害診断書が重要になってきます。しかし医師はあくまで治療をすることが仕事なので、後遺障害等級認定の手続きに関しては慣れた医師もいますが、そうでない医師がほとんどです。このため後遺障害診断書への記載内容が不十分であったり、わかりにくかったりすることによって後遺障害が認定されないということにもなりかねません。

私達にできること

そこで行政書士が医師に後遺障害診断書についてご説明させていただいたのち、作成を依頼(この時、患者様も症状や日常生活で支障のあることなどしっかりと伝えることが大事です)、その診断書を裏付けるための検査の依頼、重要なことについては医療機関への医療照会(質問)なども行います。

これら以外にも相談業務を行っています。解決に向けて進んでいくには、損をしないためにも交通事故や保険、後遺障害などの仕組み、専門用語への知識が必要となってきますので、是非専門家の知識をご活用ください。

このようにお手伝いさせていただくことで「正当な権利の主張」につながるという大きなメリットがありますが、デメリットもございます。それは料金がかかることです。しかし、後遺障害等級認定申請のサポートの場合で申しますと、料金のお支払いは保険会社から振り込まれた後でけっこうですし、ご自身が加入している保険に弁護士特約が付いている場合には、料金を保険会社が支払ってくれることがありますのでご安心ください。