私達にできること

このページでは行政書士(当事務所)ができることについて記載しています。


私達にできること

それぞれの役割
交通事故発生から解決までに関わる方々の役割を簡単に説明すると以下のようになります。

自賠責保険
交通事故による被害者を救済

任意保険
保険の対象となる人が損害賠償の支払義務を負った場合の保険金支払い

警察
どのようにして事故が発生したのか明らかにするため「供述調書」、「実況見分調書」を作成

医者
ケガの治療、後遺症がのこった場合には後遺障害診断書を書いてもらう

行政書士
事故発生後から解決までのアドバイス、後遺障害等級認定申請のサポートなど

弁護士
示談交渉、訴訟の代理人




専門家へ依頼した場合のメリット・デメリット
このようにたくさんの専門家が関わることによって解決に向かって進められていきます。そこで正当に手続きを進めていくのに必要なのが正しい知識なのですが、ご自身が交通事故や保険、後遺障害などの仕組みや、交通事故に関する専門用語を正しく理解しようと思っても事故後の身体的・精神的ダメージをうけた状態では大変です。そこで私達専門家が状況にあった適正なアドバイスや経験や知識をご利用していただくことによって解決までの流れを主体的に、そしてスムーズに進めていくことができます。

このようにお手伝いさせていただくことで「正当な権利の主張」につながるという大きなメリットがありますが、デメリットもございます。それは料金がかかることです。しかし、後遺障害等級認定申請のサポートの場合で申しますと、料金のお支払いは保険会社から振り込まれた後でけっこうですし、ご自身が加入している保険に弁護士特約が付いている場合には、料金を保険会社が支払ってくれることがありますのでご安心ください。





まとめ
できること
適正な後遺障害等級を認定を受け、裁判基準を目標に正当な権利を主張できるよう以下のことを行います。

  • 交通事故直後からの相談業務
  • 後遺障害等級認定申請手続きサポート
  • 自賠責保険への被害者請求の代理
  • 交通事故紛争処理センターへ提出書類の作成
後遺障害に対する賠償は認定された等級に応じて賠償金額が算出されることになりますので適正な障害等級を認定してもらうことは賠償全体において極めて重要なこととなります。手続きの専門家である行政書士によるサポートをご利用ください。


できないこと
被害者の代理となって示談交渉をすることはできません。

後遺障害等級認定後、訴訟へ移行する場合は交通事故に強い弁護士を無料でご紹介します。