カテゴリー別アーカイブ: 点数

点数制度 ~点数には2種類あります~

ザックリと解説すると・・・

基礎点数
具体例としては、駐車違反、信号無視、携帯電話の使用、酒酔い運転などがあります。

付加点数
具体例:死亡事故、人身事故(重症・軽症)、建造物損壊事故、ひき逃げなど

ドライバーが上に書かれた違反や事故を起こすとそれに応じた基礎点数と付加点数がつけられることになります。


関連リンク:

交通違反の点数一覧表(警視庁)
>> http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/gyousei/tensuu.htm

交通事故の付加点数(警視庁)
>> http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/gyousei/gyousei21.htm

以上、「 点数制度 ~点数には2種類あります~」 でした。

点数制度の勘違い

ザックリと解説すると・・・

違反をすると15点から減点されていくと勘違いされてる方がいますがそれは勘違いです。
実際は、0点からスタートして、違反によって点数がプラスされていき、一定の点数を超えたとき行政処分(運転免許の停止処分や取り消し処分)が下されます。


具体例としては15点から6点減点されて免停になるのではなく、0点から6点加算されて免停といった感じです。

交通違反の点数制度はなんのためにあるのか

ザックリと解説すると・・・

点数制度は交通事故や交通違反に対してあらかじめ決められた点数をつけてドライバーを評価して、点数によって免許の取り消し・停止などの処分をおこなおうとする制度です。

これは、違反や事故を繰り返すドライバーの運転を禁止することによって道路交通の安全を確保することや、点数や処分をドライバーに意識してもらうことによって自ら注意するようになること、あらかじめ違反は事故に対する点数を決めておくことで公平で迅速な処分をおこなうことを目的としています。

以上、「 交通違反の点数制度はなんのためにあるのか 」 でした。