カテゴリー別アーカイブ: 重過失

自賠責で重過失による減額を受ける具体例

自賠責で重過失により減額されるのは、被害者に7割以上の過失が認められる場合です。
(任意保険の場合は過失割合に応じてシビアに減額されます)

ただ「7割以上」と言われてもイメージがわきませんよね。
そこで具体例をあげてみます。

ザックリと解説すると・・・

その前に、これはあくまで目安です。実際には事故状況によって修正要素[?]を加味することによって変わることがあることに注意してください。



被害者に7割以上の過失


歩行者:赤信号横断

車:車線変更で後続直進車と衝突

バイク:バイクが右折で対向直進車と衝突



被害者側に8割以上の過失


歩行者:基本的に過失が8割となることはありませんが、修正[?]によって8割以上になることはあります。

車:赤信号を直進で黄信号直進車と出会い頭の衝突

バイク:交差点で左側車両を追い越して左折した際の左側車両との衝突



被害者側に9割以上の過失


歩行者:基本的に過失が9割となることはありませんが、修正[?]によって9割以上になることはあります。

車:非優先道路から優先道路との交差点へ侵入した際の事故

バイク:基本的に過失が9割となることはありませんが、修正[?]によって9割以上になることはあります。


用語の解説
「修正」とは
その事故特有の状況を考慮することをいいます。例えば、夜間、幹線道路、横断禁止場所などの要素を加味し、過失割合が加算・減算されることになります。


以上、「自賠責で重過失による減額を受ける例」でした。

自賠責保険における重過失減額

ザックリと解説すると・・・

そもそも自賠責保険とは

人身事故を起こしてしまったけど保険に入っていなかった。だから被害者のケガなどについて賠償することができない。このようなことがないように被害者保護を第一目的として加入が義務付けられている保険です。


重大な過失がある場合に減額される

このような性質なので、被害者の多少の過失(不注意)については目をつぶり、減額せずに全額支払うとされています。

ただ、被害者側に重大な過失があるというのに一切考慮せず、減額しないわけにはいきませんよね。そこで被害者に重大な過失がある場合には減額することになっています。

そのボーダーラインはどこかというと、過失割合が「7割」です。7割以上になると減額されることになります。

- 後遺障害または死亡の場合 -

7割以上、8割未満:2割減額
8割以上、9割未満:3割減額
9割以上、10割未満:5割減額

- 傷害の場合 -
7割以上、10割未満:2割減額

傷害の場合は、保険金額が少ないこともあり、減額は2割までにおさえられています。なので、重大な過失があり、減額されたとしても常に96万円は支払われることになります。

ただ、被害者の過失割合が10割の場合は、加害者には責任が無いということになるので保険金の支払いはありません。

以上、「自賠責保険における重過失減額」でした。