交通事故における慰謝料とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 です。

この記事は以下のキーワードが気になる方のお役にたちます。

  • 慰謝料とは
  • 種類
  • 計算
  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料
  • 3つの基準
  • 自賠責保険基準
  • 任意保険基準
  • 裁判所基準
  • 青本

交通事故における慰謝料とは
慰謝料の種類、支払い基準、計算方法。そもそも慰謝料とはなんなのかについてわかりやすく解説していきます。

ほとんどの方が交通事故における「慰謝料」と聞くと、賠償額全体のことをイメージされると思いますがそうではありません。正確には被害者が加害者(保険会社)に請求できる賠償金の項目の1つで、精神的苦痛に対するものを慰謝料といいます。

慰謝料には種類があるの?

慰謝料には以下のように2種類あります。

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料

入通院慰謝料とは

交通事故によってケガを負い、治療のために入院・通院することになります。この入通院することへの精神的苦痛に対しての慰謝料と考えるとわかりやすいですね。

後遺障害慰謝料とは

交通事故によってケガを負い、治療を続けてきたけれど完全に治癒することなく痛みやしびれ、麻痺が残ってしまったり、骨折した部分が変形してくっついたり、関節を動かすのに制限ができたりと後遺症がのこってしまい、後遺障害として等級認定された場合に発生するものです。
これは上記「入通院慰謝料」とは別に請求することができます。

慰謝料の計算ってどうなってるの?

ここまで入通院慰謝料という言葉の意味をご説明してきました。では、肝心の計算はどのようにするんでしょうか。原則として入院・通院の期間によって算定するのですが、この算定基準には以下の3つがあり、それぞれ異なります。「え?なんで3つも?」と思いますよね。これからそれぞれの算定基準について簡単に解説していきます。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 裁判所基準


3つの基準の関係はどうなってるの?

3つの算定基準の解説に入る前に、それぞれどういう関係にあるのかというところからはじめたいと思います。

それぞれの基準による額の違い

基準による額の違いですが、少ない方から自賠責保険基準 → 任意保険基準 → 裁判所基準となります。

それぞれどう関係するのか

自賠責保険は被害者救済のために迅速・公平な支払いを目的としているのでそれに対応できるよう統一的な基準が適用されます。そしてこの自賠責保険基準には上限がありますので、それをオーバーした分については任意保険会社が各社で定められた基準を元に支払うということになっています。そしてこのとき任意保険会社から提示された額に納得がいかない場合に裁判で争うことになります。このときにつかわれるのが判例を元に算定される裁判所基準ということになります。


自賠責保険

自賠責保険では、入通院慰謝料は1日あたり4,200円と法律で定められています。この4200円が何日分支払われるかというのが問題になりますが、原則「通院期間」と「実治療日数」を使って計算することになります。

具体的には以下のうち、少ない方に1日あたりの入通院慰謝料である「4200(円)」を掛けます。
  • 通院期間
  • 実治療日数 × 2

例えば、事故当日からケガが治るまで90日(3ヶ月)通院期間があったとします。この期間中、実際に治療のために通院したのは30日だった場合
  • 通院期間:90日(3ヶ月)
  • 実治療日数:30日 × 2 = 60日
このようになり、少ない方の60日を4200円に掛けるので以下のようになります。

30(実治療日数)× 2 × 4200(1日あたりの入通院慰謝料)= 252,000円(入通院慰謝料の総額)

任意保険

任意保険の基準は各保険会社ごとに決められていて非公開となっています。任意保険会社から支払う額が少なければ利益があがるというシンプルな仕組みですので、任意保険会社からすれば支払う額を少しでも抑えたいので自賠責保険の基準とほぼ同じか少し高いくらいだと言われています。

裁判基準

裁判基準とは過去の交通事故の損害賠償裁判の判例などを参考に、これくらいは認められるであろうという相場のことをいい、今までのみてきた基準に比べもっとも高いことが多いです。この基準は示談交渉がおもうようにいかず裁判になった場合などに使われます。

この基準を示す本として「青本」「赤い本」などがあり参考にされています。以下は「青本」に掲載されている表です。
 
入院
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

通院32~6063~11792~171115~214135~252153~284168~312181~336191~356200~372207~385212~395217~403221~408225~413
1ヵ月16~2947~8878~144103~192125~232144~268161~298174~324186~345196~364203~379210~390214~399219~406223~411227~416
2ヵ月31~5762~11589~165113~210134~284152~282167~310179~333191~353199~371206~384212~394216~402221~409225~414229~419
3ヵ月46~8473~13699~183122~226142~262158~294172~319184~341194~360202~376208~388214~397218~405223~412227~417231~422
4ヵ月57~10583~154108~199130~240148~274163~303177~327187~348197~365204~380210~391216~400220~408225~415229~420233~425
5ヵ月67~12392~170116~213136~252153~283168~311180~334190~353199~369206~383212~394218~403222~411227~418231~423235~428
6ヵ月76~139100~184122~225141~261158~291171~318183~339192~357201~372208~386214~397220~406224~414229~421233~426237~431
7ヵ月84~153106~196127~234146~269161~298174~323185~343194~360203~375210~389216~400222~409226~417231~424235~429239~434
8ヵ月90~165111~205132~242149~276164~303176~327187~346196~363205~378212~392218~403224~412228~420233~427237~432241~437
9ヵ月95~174116~213135~249152~281166~307178~330189~349198~366207~381214~395220~406226~415230~423235~430239~435243~440
10ヵ月100~182119~220138~254154~285168~310180~333191~352220~369209~384216~398222~409228~418232~426237~433241~438245~443
11ヵ月103~189122~225140~258156~288170~313182~336193~355202~372211~387218~401224~412230~421234~429239~436243~441247~446
12ヵ月106~194124~229142~261158~291172~316184~339195~358204~375213~390220~404226~415232~424236~432241~439245~444249~449
13ヵ月108~198126~232144~264160~294174~319186~342197~361206~378215~393222~407228~418234~427238~435243~442247~447251~452
14ヵ月110~201128~235146~267162~297176~322188~345199~364208~381217~396224~410230~421236~430240~438245~445249~450253~455
15ヵ月112~204130~238148~270164~300178~325190~348201~367210~384219~399226~413232~424238~433242~441247~448251~453255~458


表の見方
  • あくまで目安です。個別具体的な事情により増減します。
  • 特に症状が重い場合は上限額を2割増した金額まで増額を考慮されます。
  • 単位:万円 (例 入院1ヵ月、通院1ヵ月の場合は47万円~88万円)
  • この色は通院のみ
  • この色は入院のみ
  • 青本では、入通院期間を「1月、2月…」と表記されていますが、このページでは「1ヵ月、2ヵ月…」としています。
  • 青本では、金額部分を「60~32」と表記されてますが、このページでは「32~60」としています。