後遺障害慰謝料とは

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 です。

この記事は以下のキーワードが気になる方のお役にたちます。
  • 後遺障害慰謝料
  • 相場(目安)
  • 3つの基準
  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 裁判基準
  • 非該当
  • 近親者
後遺障害慰謝料とは
わかりにく後遺障害慰謝料についてわかりやすくご説明します。


後遺障害慰謝料とは、交通事故によってケガをしても治療によって事故前の状態に回復することが多いですが、治療をつづけても効果があがらず完全に回復することなく、身体や精神に痛みやしびれ、関節の動きに制限ができたりと障害がのこってしまうことがあります。これを後遺障害といい、この後遺障害がのこってしまったことによる精神的な損害を賠償するものを後遺障害慰謝料といいます。

どうすれば後遺障害慰謝料を請求できるの?


治療をつづけてきたけれど後遺症がのこったことを自賠責保険に等級認定される必要があります。等級は1級〜14級まであり、数字が小さいほど症状は重くなり後遺障害慰謝料の額も高くなります。実務上、自賠責保険で認定された等級に基づいて損害額の計算をしますので、等級認定がされなかった場合に後遺障害慰謝料を認めてもらうのは困難となります。よって、早い段階から後遺障害業務に力を入れている弁護士や行政書士に相談することをおすすめします。

後遺障害慰謝料の相場(目安)は?


後遺障害がのこってしまったと言っても思いつくままに慰謝料を請求して認められるというものではなく、そこには一定の基準が存在します。この基準は以下のように3つあり、下にいくほど慰謝料の額が高くなります。

  • 自賠責保険基準
  • 任意保険基準
  • 裁判基準

後遺障害慰謝料3つの基準って?

自賠責保険の基準

介護を要する後遺障害等級と後遺障害慰謝料
1級16,000,000円
2級11,630,000円


後遺障害等級と後遺障害慰謝料
1級11,000,000円
2級9,580,000円
3級8,290,000円
4級7,120,000円
5級5,990,000円
6級4,980,000円
7級4,090,000円
8級3,240,000円
9級2,450,000円
10級1,870,000円
11級1,350,000円
12級930,000円
13級570,000円
14級320,000円


任意保険の基準

非公開
  • 各社内部で定められている。自賠責基準より少し高い。

裁判所の基準


裁判基準とは過去の交通事故の損害賠償裁判の判例などを参考に、これくらいは認められるであろうという相場のことをいいます。あくまで目安ですので、案件により増減します。

赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)
1級2800万円
2級2370万円
3級1990万円
4級1670万円
5級1400万円
6級1180万円
7級1000万円
8級830万円
9級690万円
10級550万円
11級420万円
12級290万円
13級180万円
14級110万円


青本(交通事故損害額算定基準)
1級2,700~3,100万円
2級2,300~2,700万円
3級1,800~2,200万円
4級1,500~1,800万円
5級1,300~1,500万円
6級1,100~1,300万円
7級900~1,100万円
8級750~870万円
9級600~700万円
10級480~570万円
11級360~430万円
12級250~300万円
13級160~190万円
14級90~120万円


後遺障害が認定されなかったらどうなるの?(非該当の場合)


後遺障害慰謝料は自賠責保険によって等級認定されなかった(非該当)場合、後遺障害慰謝料は発生しないのが基本となります。しかし、等級認定されなかったからといって後遺症がないわけではありませんよね。その場合、事案によっては事案によっては裁判上、後遺障害慰謝料が認められることがあります。

近親者にも後遺障害慰謝料ってあるの?


被害者が亡くなった場合、亡くなった本人の慰謝料だけではなく、父母、配偶者、子供など(以下「近親者」)の慰謝料が認められますが、被害者が亡くなったわけではなく、後遺障害を負った場合も近親者の慰謝料請求が認められることがあります。これはどのようば場合にも認められるものではなく、「死亡した場合に比肩するような精神的苦痛を近親者が受けた場合」には認められると裁判例で示されています。具体的には被害者が植物状態、重度の高次脳機能障害、手足にのこった重度の麻痺など、介護を要する後遺障害に認められます。

後遺障害のことで不安をかかえていませんか?
後遺障害手続きに特化した行政書士事務所が等級認定を全力でサポート。専門知識をもった行政書士がアドバイスをおこない、手続きを適切に進めることで適正な等級認定獲得を目指します。被害者の新たな一歩をお手伝いさせていただきます。