後遺障害認定までの期間

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 です。

この記事は以下のキーワードが気になる方のお役にたちます。
  • 後遺障害
  • 認定
  • 期間
  • 損害保険料率算出機構
  • 自賠責保険(共済)審査会
  • 本部
  • 地区本部
後遺障害認定までの期間
後遺障害が認定されるまでの流れ、どれくらいの期間がかかるかについてわかりやすく説明していきます。

1自賠責保険会社に申請
加害者が加入する自賠責保険会社に後遺障害の等級認定申請を行います。
2調査スタート
申請時に提出された書類などをもとに損害保険料率算出機構の内部組織である自賠責損害調査事務所が調査を行います。この調査は原則書面による調査となります。

※ 自賠責調査事務所では判断が難しい事案などの場合、自賠責保険(共済)審査会や本部または地区本部で審査がおこなわれることがあります。

3調査結果を報告
損害保険料率算出機構が調査した結果を自賠責保険会社に報告します。
4認定
報告された調査結果をもとに自賠責保険会社が支払額を決定します。
5通知
被害者に等級認定の結果が通知されます。

後遺障害等級認定の結果がでるまでの期間は?

個々の事案によるのでハッキリした期間は申し上げられませんが、早ければ1ヶ月遅くても6ヶ月ほどかかります。このように長い時間かかってしまう理由のひとつとしては調査事務所から被害者の治療を担当した医師への問い合わせをして回答をもらうまでに時間がかかるというものがあります。