後遺障害12級14号の「外貌に醜状を残すもの」とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 です。

この記事は以下のキーワードが気になる方のお役にたちます。
  • 後遺障害
  • 後遺障害慰謝料
  • 12級
  • 醜状
  • 外貌
後遺障害12級14号
ここでは後遺障害12級14号について説明していきます。イメージをつかんでもらうためになるべくわかりやすい言葉を使ってすすめていきます。

交通事故によって受傷、治療をつづけてきたけれど残ってしまった後遺症が自賠責保険会社に認められると後遺障害として、その程度によって1〜14級(数字が小さいほど重症)に格付けされたものをいいます。

12級14号の「外貌に醜状を残すもの」とは


「外貌に醜状を残すもの」

12級14号は実務上の認定基準とされている「労災補償障害認定必携」によると以上のように明記されています。しかしこれだけではイメージしにくいと思うのでわかりやすく説明していきたいと思います。まずはじめに「外貌」と「醜状」からはじめていきます。

外貌とは


外貌とは頭、顔、首で日常的に露出している部分のことをいいます。ちなみに、手と腕(上肢)、脚と足(下肢)は対象ではありません。

醜状とは


ここでいう醜状とは、原則として以下のどれかに該当するもので、人目につく程度以上の大きさのものをいいます。

頭の場合

にわとりの卵の大きさ以上の傷跡又は頭蓋骨ににわとりの卵の大きさ以上の欠損

傷がもっと大きい場合
  • 傷跡の大きさ、頭蓋骨の欠損の大きさが手のひら(指の部分を含みません)の大きさ以上の場合は7級12号に該当する可能性があります。

顔の場合

10円玉の大きさ以上の傷跡又は3センチメートル以上の線状の傷跡

傷がもっと大きい場合
  • 傷跡の大きさがにわとりの卵の大きさ以上又は10円玉以上の組織陥没がある場合は7級12号に該当する可能性があります。
  • 線状の傷跡が5センチメートル以上の場合は9級16号に該当する可能性があります。

首の場合

にわとりの卵の大きさ以上の傷跡

傷がもっと大きい場合
  • 傷跡の大きさが手のひら(指の部分は含みません)の大きさ以上の場合は7級12号に該当する可能性があります。


12級14号の後遺障害慰謝料


12級14号として認定された場合の後遺障害慰謝料は以下の額となります。
自賠責保険93万円
裁判基準(赤い本1290万円
裁判基準(青本2250~300万円


傷の大きさなどが12級14号の基準より大きい場合


7級12号

自賠責保険409万円
裁判基準(赤い本[1]1000万円
裁判基準(青本[2]900〜1100万円


9級16号

自賠責保険245万円
裁判基準(赤い本1690万円
裁判基準(青本2600〜700万円


[1] 青い本
青本とは損害賠償額算定の基準を示す書籍で「交通事故損害額算定基準」のことをいい、全国で使用されています。
[2] 赤本
赤本とは、損害賠償額算定の基準を示す書籍で「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」のことをいい、主に東京で使用されています。

「外貌に醜状を残すもの」を簡単にいうと


イメージしてもらいやすいように、これまでのことを簡単にまとめると
「頭、顔、首で日常的に露出している部分に目立つ傷跡が残るもの」
ということになります。

傷跡がまゆ毛や髪の毛で隠れる場合は?


後遺障害として認定されるには傷跡が人目につくくらいの大きさでなければなりません。よって傷跡、線状の傷跡、組織陥没があったとしても、まゆ毛や髪の毛でかくれている場合は醜状として取り扱わないということになります。

具体例
  • まゆ毛にそって3.5センチメートルの線状の傷跡があり、そのうち1.5センチメートルがまゆ毛によってかくれている場合はかくれていない2センチメートルで評価することになり、外貌の醜状には該当しません。
  • 該当するには線状の傷跡が3センチメートル以上あり、なおかつ見える位置にある必要があります。

「×」や「←」を押す前に
このページはあなたの不安を解消できましたか?解消できなかったとしたらここから検索結果に戻り、ひきつづき答えを探すのかもしれません。しかしあなたの貴重な時間をつかっていろんなサイトをみてまわることで不安を解消することはできるのでしょうか?いろんなサイトをみてまわる前にあなたのその不安を私にお聞かせいただくというのはどうでしょう。スマートサポートは後遺障害専門の行政書士事務所です。お気軽にご相談ください。